効果を知らないと損!半身浴について

夏バテで疲れた体を癒やすために人気なのが半身浴です。
テレビや雑誌などですぐに試せる健康法としてたびたび取り上げられる半身浴ですがどんなメリットがあるのでしょうか。

・半身浴のメリット

半身浴というのは全身浴に比べて体への負荷が少なく、お風呂本来の体への良い影響をフルに引き出すことができる方法です。体の半分だけがお湯につかっていますので、お湯から上の部分は水圧がかかりません。そのため肺に負担がかからないですし、温めると良くない心臓にも負荷をかけません。
一日オフィス仕事をすると足がぱんぱんに腫れてしまうことがあります。この足のむくみを解消するのに良いのが体の血液循環をよくしてあげるという方法です。肩や背中のこりをほぐして足にもしっかり血流が溜まるようにし、ふくらはぎなどに溜まった老廃物を流すには血液循環をよくして上げるのがベストなむくみ解消法です。
むくみを解消するにはお風呂に長い時間入っていなければなりません。もし全身浴をしているならお湯にはそう長い時間は入っていることはできないでしょう。
しかし、半身浴なら体温の上昇が急激ではないので、お湯に長い時間つかり体全体のこりをほぐしてあげることができます。
結果として体の血液循環が良くなり足のむくみも解消できるのです。
半身浴のメリットというのは体への負荷が少ないことと足のむくみを解消できると言うことなので、今日からでもすぐに始めてみることができるでしょう。

・半身浴が向いている人

この半身浴が向いている人はどんな人なのでしょうか。
半身浴というのは38度から40度くらいのぬるいお湯に体を半分だけつけることです。特に、みぞおちあたりから下だけをお湯につけると良いでしょう。時間は30分前後が理想です。
この入り方が良いのは高血圧の方です。半身浴はぬるいお湯に長い時間ゆっくり入ることができるので血圧が急上昇するのを防ぎます。そして、体を芯からきちんと温めることができますし、適度に汗を掻き体の代謝を促進するので高血圧の方にとっては良い健康法となります。
不眠症に悩んでいる人も半身浴をすると血行が良くなり、体やメンタルの部分がかなりリラックスします。
そうすると筋肉に溜まっていた疲労物質も解消されるので、一日緊張していた体を十分にいたわってあげることができるでしょう。
冷え性に悩んでいる人は半身浴の後に、お湯と水のシャワーを交互に浴びていくと体温を上げることができます。少し熱めの43度くらいのシャワーを数分浴びて、水のシャワーを4秒から5秒程度浴びるという作業を5,6回繰り返すと冷え性を改善していくことができます。
もし腰痛に悩んでいるならやはり半身浴が良いでしょう。熱すぎるお湯だと腰痛の一時的な改善にしかなりませんが、半身浴にするとじっくりと腰の神を温め冷めにくいので、痛みがかなり和らぎます。

・半身浴の上手な楽しみ方

半身浴は長い時間湯船に入っているので上手に楽しんでいきたいと思います。楽しく半身浴ができれば続けていくことも苦にならなくなります。
例えば、浴室に観葉植物を置いてみたり、照明を暗めにしてキャンドルをたいたりすることができるでしょう。
お湯の中に自分が好きな香りのアロマオイルを少し垂らしてみるのもおすすめです。いい香りが蒸気と一緒に上がってきて心身共にリラックスすることができるでしょう。
色々な入浴剤を試してみることもできます。冷え性対策に効果的な生薬エキスが入っている入浴剤や、夏の暑さでほてった体をちょうど良くいたわってくれる入浴剤がありますので、色々と試してみることができるでしょう。
また、入浴中にエンターテインメントを楽しむこともできます。もし浴室にテレビがあるならちょっとした番組を楽しめますし、好きな音楽をかけたり、読書をしたりしてストレスを一気に解消することもできます。
半身浴で一つ注意しておきたいのは水分補給を怠らないことです。
日々の生活で疲れた体を半身浴で整えてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です