温泉行くときに参考に、温泉の基礎知識。

湯治という言葉があるほど温泉というのは病気やけがに良いと言われています。
連休で温泉にちょっと出かけたいときに、温泉の効果などについて基礎知識を持っておくとさらに温泉を楽しむことができるでしょう。
また、自分の今の健康状態に照らしてどこの温泉に行くかを決めることもできるかもしれません。
では、温泉に行くときに参考になる温泉の基礎知識を調べてみましょう。

・医療としても良い温泉

日本人に昔から親しまれている温泉ですが、忙しい生活を送っているとどうしても温泉にゆっくりつかりたくなることがあります。
温泉に入ると体に力が戻ってくるのを感じますし、お肌がつるつるすることを実感したりしてよく分からないけど温泉は体に良さそうだと誰もが感じます。
具体的に言うと温泉には医学的な見地からしても健康に良いと言われています。
例えば、温泉の作用として、温熱が体の循環器系に働きかけて機能改善を促したり、体の痛みなどを和らげたりする作用があるようです。また、体関節を柔らかくして体の各部分の運動範囲を広げたりする作用もあります。そして、適度に体に水圧をかけるので心臓が刺激を受けて心臓の動きが活発になるという効果もあります。心臓の動きが活発になっていくと心肺機能が強化され、腎血液量が増えていきます。
そして、体の中の老廃物が尿や汗として体外に排出され、足のむくみなどが軽減されたりもするようです。
そして、温泉の中には地面の中にある様々な栄養分が含まれているので、炭酸泉や硫化水素泉などが血管機能を促進するなどの作用を期待できます。

・覚えておきたい温泉効果

温泉に入ることによって得られる温泉効果というのはストレスを解消して、体もメンタルも思い切りリフレッシュできると言うことです。
また、体の免疫機能などを向上させたり、障害を受けていた機能面を回復させたりする治療的な効果も期待できます。
そして、手術の後やけがの後などのリハビリをかねて温泉に入る方たちもたくさんおられます。
温泉は自然の力を借りて人間が本来持っている自然治癒力を増強させる治療効果があります。そのために、薬を使った治療や外科的治療などとは違って、根本治療と言われています。
自分の体が元々持っていた健康的な状態を取り戻すのが温泉の力なので、湯治などの仕方で温泉に通い続ける人が多いというのも納得できます。

・ちゃんと知っておきたい温泉知識

温泉から受けられる恩恵をちゃんと知っておきたいと思います。
まず、肌をつるつるにする美肌効果があります。温泉によってはアルカリ性の水質で肌の上の余計な脂肪分を洗い流してくれるので美肌効果が高いものがあります。さらに、みょうばん泉などは肌を引き締めてくれる収れん作用があると考えられています。
そして、温泉につかると皮膚を通して体の中に炭酸ガスなども入ってくるので、血管を拡張して血液や酸素の循環効率を高めます。
手や足の先の血管にまで効果があるので、冷え性の人や高血圧の人が症状の緩和を感じることもあるのです。
温泉の種類にもよりますがラドン温泉に入るとイオンの力によって体の代謝作用が促されて活性酸素が体の中に強く働きかけるようになっていきます。
そうすると、気管支ぜんそくや肺気腫などの治療に効果があったり、関節リウマチや糖尿病などにも効果があったりすると期待されています。
温泉のある場所というのは、自然の中で、露天風呂だったりすることもあります。そうすると、温泉に入りながら自然の景色を楽しみ、マイナスイオンを存分に浴びることができます。
また川の音や木々のこすれる音などは精神を落ち着かせる高周波音を含んでいるのでリラックス作用を人間に及ぼします。それで、日々の仕事に疲れ切ったときは自然の中にある露天風呂などを選ぶようにすると、体だけではなくて精神もきちんとメンテナンスすることができるでしょう。
もちろん、温泉は不整脈や湯あたりなど気をつけなければいけない点もありますので、きちんと水分補給をしながら楽しんでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です