いろんな疲労に対応できるんです!

夏はシャワーだけだったなんて人も寒い時期になると湯船にきちんと浸かって
お風呂に入る人が多くなるようです。
本当は季節に関係なく毎日入っていただきたいところですが。。

人にはそれぞれいろんな疲労がありますが、
入浴方法によって、そんな1日の疲れを癒してくれるのです。
そもそも入浴の効果というのは大きく3つあります。

「静水圧」
血行やリンパの流れを促進してくれます。
そうなることで、マッサージ効果がうまれてむくみも解消するので
長時間同じ体勢でいる人や足に疲れがたまりやすい人に効果的。

「温熱」
温かいお湯に入ると交感神経が働いて、新陳代謝が促進されます。
汗をかいて老廃物も排泄されるので体の疲労が回復します。
ぬるめのお湯にすると副交感神経がはたらいてリラックスするので
心の疲労を回復させてくれます。

「浮力」
お風呂の中だと体重が9分の1くらいになるんだそう。
ゆりかごにでも揺られている気分でリラックスできます。

でも人によって、むしろ日によって疲労は違いますよね。
疲労タイプによって入浴方法も変えてみてはいかがでしょう。

■肉体的な疲労
激しい運動をした日やいつもよりたくさん歩いた、
逆に1日中ごろごろしていて頭がすっきりしないなんて日。

そんなときは、お湯はすこし熱めの43℃で10分程度が目安。
熱いお湯だと心臓に負荷がかかってしまうので、
みぞおちより下だけ入る半身浴がおすすめ!
しっかり頭上の換気をしながら入浴してください。

■精神的な疲労
ストレスを感じる、なんだかイライラしてしまうことが多い、
憂鬱、頭がぼーっとしちゃうなんて日。

このときの入浴方法は39〜40℃のお湯で20分程度が目安。
入浴中は全身の力を抜いて思いっきりリラックスした状態で。
イライラやストレスの原因を考えないようにゆっくり呼吸をしながら
目をつぶって浮力を感じながら手足を少しずつ動かしてみてください。
ゆったりとした音楽やアロマオイル、入浴剤を使うのもgood!
たまに灯りをおとして、アロマキャンドルなどを使ってみるのも良いかもしれません。

■睡眠不足や睡眠障害
朝の目覚めが悪い、昼間にやたら眠気を感じる、寝つきが悪い
何時間かおきに目が覚めてしまうなんて日。

就寝時間の1時間以上前の半身浴が良いと言われています。
好きな香りや色がついた入浴剤はリラックス効果をUPさせてくれます。
入浴後はコーヒーや煙草などの刺激物を避けて、湯冷めしないようにして
就寝しましょう。

■肩や首のこり
仕事が座りっぱなしもしくは立ちっぱなしでむくみがひどい、
肩こりがある、目の疲れや頭痛に悩む、、なんて日。

こんなときはゆっくり41〜42℃くらいのお湯に20〜30分が目安です。
血行をよくして新陳代謝をUPさせます。
そうすることで首や方の疲労が軽減されます。
浴槽が長ければゆったり横になれるくらいの寝浴が良いのだとか。
半身浴であれば方に温かいタオルを乗せて入るのも効果があります。

自分にあった入浴方法で快適にリフレッシュしてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です