冬は夏よりもっとお風呂が好き!

夏はシャワーだけですませるけど、冬はきちんとお風呂に入るって人多いみたいです。
そこで、さむーいふゆを乗り越えるためのお風呂の楽しみ方を書いていこうかと。

1.手足の冷えを解消したいとき
シャワーだけで済ませるより、38〜40℃のお湯にゆっくり浸かるのがおすすめ。
血液が心臓から出て身体をめぐり、また戻ってくるのに1分弱かかるといわれています。
3分間のシャワーよりもお湯に10〜15分浸かれば、10回、15回と温められた血液が身体をめぐるので
効率よく身体が温まります。
  
2.身体の疲れを取りたい、むくみを取りたい。
  
半身浴よりも全身浴がおすすめです。40℃前後のたっぷりのお湯に首まで浸かる。
浮力が得られ、身体を支えるために緊張していた筋肉もほぐれます。
しかも水圧がかかるので、むくみを和らげる効果も期待できます。
ただし、心臓が弱い方や血圧が高い方には水圧が負担になることがあるので、心配な方はみぞおちまでお湯に浸かる半身浴を。
  
3.肌のかさつきをケアしたいとき
  
浴槽にスキンケア系の入浴剤を入れ、38〜40℃のお湯にゆっくり浸かりましょう。
※熱すぎるお湯はかさつきの原因になるので注意してください。
浸かる時間は10〜15分くらいが目安です。上がり湯をせずにそのままタオルで拭くと、
保湿成分が肌に残り、よりしっとりします。
  
  
4.寝付きをよくしたいとき
  
就寝1〜2時間前に、40℃前後のお湯に10〜15分くらい浸かりましょう。
私たちの身体は芯の体温(深部体温)が下がるときに眠りに入りやすくなるようにできています。
ですから、就寝前にお風呂に入って身体の芯を温めておくと、寝る時に体温が下がって効果的です。
また、ぬるめのお湯には副交感神経を優位にしてリラックス効果を高めたり、
筋肉を弛緩させる効果があることがわかっています。
  
  
【塩入浴】
  
入浴方法は、41〜42度のやや高めの温度に設定し、塩30gほどを
湯船に溶かして、全身で湯船に浸かり、、10分間温まるというものです。
※どんな塩でも良いです。
  
塩入浴は、塩の持つ発汗作用で代謝がアップしやすくなるため、
痩せやすい身体になります。また、湯船の水圧で心臓が圧迫されることで、
利尿作用を高めるホルモンが分泌され、体内の塩分や老廃物を排出するという仕組みになっています。
  
リラックス効果のあるアロマの香りがするバスソルトもおすすめ。
雑貨屋さんなんかでよく見かけるので、好きな香りを試すのもあり。
  
  
【タモリ式入浴法】
  
■お湯だけで体を洗うタモリ式入浴法
  
▼汚れは湯船に浸かるだけで落ちる!!
  
タモリ式入浴法とは、芸能人のタモリさんが実践していることで話題になり、
この名前がつきました。その方法は、
  
・40℃以上のお湯に10分以上浸かる。
・石鹸は使わない。
  
▼どんな効果があるのか
・乾燥肌、敏感肌、肌荒れがなくなる
・アトピーの改善
・加齢臭が抑えられる
  
この肌トラブルの原因に共通するもの、それは皮脂です。
石鹸などで洗うとサッパリした感覚があると思いますが、
それは洗いすぎの証拠です。
皮膚は正常に働いていれば肌の水分を保つバリアの役割をしてくれます。
しかし、洗いすぎることで体が皮脂を過剰に分泌してしまい、
酸化することで体臭が強くなったり、毛穴に詰まって吹き出物がでるという
トラブルを引き起こします。
  
▼洗わないのに肌が綺麗になるの?
私たちはお風呂に入るたびに、メイク落とし・洗顔料で顔を、
シャンプーで髪を、ボディーソープで体をくまなく洗いますが、
これらにはすべて界面活性剤(台所用洗剤、衣類用洗剤にも含まれている成分)や防腐剤が含まれています。
  
メイクや皮脂などの汚れを落とすためにも必要なものですが、
これらで洗うことにより肌を守るための様々の常在菌が失われてしまって、
皮脂が過剰に分布されるとともに有害な菌が活性化してしまうという悪循環になっています。
  
私たちの体に付く汚れはホコリや汗などの水溶性の汚れがほとんどなので、
湯船に浸かるだけでも十分に体の汚れを洗い流すことが可能です。
  
タモリ式入浴法はお湯で洗うことで常在菌を残し、
肌環境を整えてもらうことで肌に良い環境を取り戻せるというわけです。
  
最後に余談ですが、
耳の後ろ、首まわり、脇の下などの部分は石鹸などで洗うのがおすすめ。
その際もタオルなどではこすらず、手で撫でるように洗ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です